1. HOME
  2. ブログ
  3. 研究・開発
  4. HSDにウォーターマークを埋め込むソフトウェア

BLOG

ブログ

研究・開発

HSDにウォーターマークを埋め込むソフトウェア

HSDwatermark:ウォーターマーク組み込みソフト | 北海道衛星株式会社

写真やイラストなどに「コピーライト」など所有権を示す文言が表示されていることがありますが、それをウォーターマークと言います。

作成したハイパースペクトルデータを許可なく誰かに使用されることを防ぐために、サンプルとして渡すウォーターマークをHSDに付加できるソフトを現在開発中です。

WindowsPCにおいて、プロパティに情報を入れることは可能ですが、このソフトは、HSDに直接埋め込みるので、より強固な情報として保持が可能です。

開発中の動作確認用ソフトウェア(HSDWaterMark)のUIをお見せします。

基本としては、全バンドに対して、四隅の角に任意の文字を組み込む仕様となっています。

今後は、HSDAやHSCamSharpへの実装を検討しており、ロゴのようなイメージやファイル名波長データ額縁のようなフレームなど様々な情報を埋め込むだどを考えてます。

さらに、HSDに直接埋め込むだけではなく、RGB画像を出力する際にウォータマークを表記するなど学会発表やサンプルイメージとしてHP等で公開できようなことも検討しています。

(Visited 19 times, 1 visits today)

関連記事

 NewsLetter 

スペクトルデータ解析事例や最新論文情報が届く、特別なメールマガジンに登録しませんか?

メールアドレス入力で登録完了↓