1. HOME
  2. 北海道衛星とは
  3. 沿革

COMPANY

北海道衛星とは

沿革

History

◯ 北海道衛星のあゆみ

    • 2003年4月

      北海道衛星構想を発表

      佐鳥新が、北海道から人工衛星を打ち上げる構想を発表。道内50社の企業が協力を表明。

    • 2003年

      ハイパースペクトルカメラ試作機の開発に成功

      コアとなる光学ステージスキャン方式による撮影原理を佐鳥が発明し、その原理に基づいて、基礎研究と検証試験を道工大の佐鳥研究室が行う。

    • 2004年

      「ハイパースペクトルカメラ」命名

      ハイパースペクトルカメラによる農業リモートセンシングへの期待が高まり、100件近くのメディアに取り上げられた

    • 2005年12月

      北海道衛星株式会社設立

      北海道衛星構想をもとに、代表を佐鳥新として北海道衛星株式会社が設立

    • 2006年9月

      超小型人工衛星「Hit-Sat」を打ち上げ

      鹿児島県内之浦宇宙空間観測所にて超小型衛星HIT-Sat(ヒットサット)打ち上げ

    • 2007年

      製品版 ハイパースペクトルカメラ『HSC1701』を販売

      製品版のハイパースペクトルカメラの販売を開始いたしました。

    • 2013年

      ハイパースペクトルカメラ「HSC1702」を開発

      重量2kg未満の小型軽量の高分解能ハイパースペクトルカメラを開発

    • 2017年

      ハイパースペクトルカメラ「HSC1803-CL」を開発

      ハイパースペクトル画像の高速転送を実現したことで、高い分解能を維持したまま0.5FPSの動画撮影を可能に

    • 2020年

      【開発中】高解像度ハイパースペクトルカメラの新機種

      イメージセンサーのノイズを最小限にする技術を開発し、高い波長分解能をそのままに超高解像度のハイパースペクトルカメラを近日販売予定