1. HOME
  2. ブログ
  3. 農業・植生
  4. コンクリートと植物

BLOG

ブログ

農業・植生

コンクリートと植物

歩道に並べられたコンクリートブロックとその隙間に生えている植物の撮影を行ってみました。

垂直庭園の管理や外壁の植物の分布調査などへの応用にも使うことができるかと思います。

撮影条件

撮影機種HSC1803
撮影対象コンクリートブロック 植物
撮影場所札幌市

解析結果

ブロックと植物のスペクトルデータ抽出エリア

Other(その他)」「Plant(植物)」「Plant1(植物1)」「Block(ブロック)」の4つのハイパースペクトルデータを抽出しました。

ブロックと植物の平均スペクトルデータグラフ

平均スペクトルデータグラフからそれぞれグラフの形状が異なっていることがわかります。
今回は、光合成能力を可視化する正規化植生指数:NDVI解析(NDVI=(IR-R)/(IR+R))を使い解析を行いました。

NDVI解析手法結果

本解析は、植物の光合成活性能力を測るためのアルゴリズムを使用しています。このハイパースペクトルデータでは、外壁に生えている植物の分布状況や生育状況を見ることができるため、除草を行う場合の必要最低限除草剤の決定や生育させるための必要な肥料などの分量を見極めることができます。

(Visited 14 times, 1 visits today)
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事