1. HOME
  2. ブログ
  3. 品質管理
  4. 自動車ドアのコーティングの劣化具合の可視化

BLOG

ブログ

品質管理

自動車ドアのコーティングの劣化具合の可視化

ハイパースペクトルカメラによって撮影したコーテイングが劣化した自動車ドア

ハイパースペクトルカメラを使い、コーティングが劣化し剥がれている自動車ドアの部分を撮影しました。

ハイパースペクトルカメラによって撮影したコーテイングが劣化した自動車ドア
使用機種HSC1803-USB3
撮影対象自動車ドア
撮影場所屋外

このデータから、主観ではありますが劣化具合が異なるであろう箇所を決め、その箇所の平均ハイパースペクトルデータを抽出しグラフ化を行いました。

コーティングの劣化具合を3箇所指定
自動車ドア部のハイパースペクトルデータ平均グラフ

グラフより、Area1,Area2,Area3とスペクトルグラフの形状が違うことがわかります。

また、グラフから550-650nmの領域でArea1-3の反射強度に違いが見受けられたため、そこから630nmのスペクトルデータのみを表示してみました。

自動車ドアコーティング劣化:630nm

複雑な解析アルゴリズムを使わずとも、1つの波長データのみでも、違いを見ることができる一例となります。

(Visited 83 times, 1 visits today)

関連記事

 NewsLetter 

スペクトルデータ解析事例や最新論文情報が届く、特別なメールマガジンに登録しませんか?

メールアドレス入力で登録完了↓