1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療・美容
  4. ハイパースペクトルカメラによる血流効果の可視化

BLOG

ブログ

医療・美容

ハイパースペクトルカメラによる血流効果の可視化

塗布後(15分経過)-解析-

腕に血流に関わる塗り薬(鎮痛剤)を塗布したものを「塗布前」と「塗布後15分経過」した状態をハイパースペクトルカメラにて撮影し、比較解析を行いました。

撮影機種HSC1702
撮影対象
撮影場所屋内

まずは、ハイパースペクトルデータからRGBイメージと鎮痛剤を塗布した箇所を示します。

次に示す画像は、塗布前と塗布後のRGBイメージです。しかし、見た目においては変化がわかりません。

そこで、塗布後15分のハイパースペクトルデータから鎮痛剤塗布領域のデータを教師データとして、解析をおこないました。

解析結果画像から、鎮痛剤塗布したエリアと何も塗っていない皮膚において、スペクトル変化が現れたことを示しました。これは、酸素飽和度と関連があると考えています。

(Visited 30 times, 1 visits today)

関連記事

 NewsLetter 

スペクトルデータ解析事例や最新論文情報が届く、特別なメールマガジンに登録しませんか?

メールアドレス入力で登録完了↓