1. HOME
  2. ブログ
  3. 研究・開発
  4. 疑似ハイパースペクトルデータ生成ソフト-HSDmaker-

BLOG

ブログ

研究・開発

疑似ハイパースペクトルデータ生成ソフト-HSDmaker-

ハイパースペクトルデータの解析アルゴリズムの検証のために、MatLabやEXCEL等で行ったシミュレーション通りのデータを用意し結果がわかるスペクトルデータを使いたいときがあります。

そこで、任意でデータ配列を決めることができる疑似ハイパースペクトルデータ生成ソフト-HSDMaker-を開発中です。

疑似ハイパースペクトルデータ生成ソフト:HSDmaker

当社のハイパースペクトルカメラのデータ配列(BIL形式準拠)やBIL形式、BSQ形式、BIP形式に沿って、バンド毎に指定した数値を埋め込むことが可能になります。

ハイパースペクトルデータ構造を自分で決めることができるため、解析プログラムの検証が行いやすくなります。

現在は、規則性のあるデータ配列の生成になっていますが、今後は、よりカスタマイズできる仕様に作り込んでいく予定です。

(Visited 20 times, 1 visits today)
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事