1. HOME
  2. ブログ
  3. 品質管理
  4. 車両フレームの錆の進行度を可視化

BLOG

ブログ

品質管理

車両フレームの錆の進行度を可視化

車両の錆発生具合を可視化:ハイパースペクトルカメラ

車両のフレームに発生した錆をハイパースペクトルカメラにて撮影をしました。

車両の錆発生具合を可視化:ハイパースペクトルカメラ
使用機種HSC1803-USB3
撮影対象車両フレーム
撮影環境屋外

ハイパースペクトルデータから生成した画像から、いくつか錆が発生している場所からスペクトルデータを取り出し、比較グラフを作成しました。

車両の錆発生具合を可視化:ハイパースペクトルカメラ
車両の錆発生具合を可視化:ハイパースペクトルカメラ

各スペクトルグラフからBody0-1(車体)およびRust0-2(錆)のグラフの形状が異なることがわかります。
今回は、リモートセンシング画像解析アプリケーションの一つであるENVIを使い、教師データを用いたSAM分類解析を行ってみました。

ここでの教師データは、Rust0.Rust1,Rust2のデータを使用した。SAM分類による解析画像を紹介します。

車両の錆発生具合を可視化:ハイパースペクトルカメラ

錆の発生具合によって分類ができることがわかります。ただし、今回は、主観によって選択したため、科学的な錆の進行度と照らし合わせて同様の解析を行うことで、塗料やファンデーションの塗りムラや金属の劣化などに応用ができます。

(Visited 97 times, 1 visits today)

関連記事

 NewsLetter 

スペクトルデータ解析事例や最新論文情報が届く、特別なメールマガジンに登録しませんか?

メールアドレス入力で登録完了↓