1. HOME
  2. ブログ
  3. 雑談
  4. 5G✕ハイパー/マルチスペクトルデータによるデータ活用の将来性

BLOG

ブログ

雑談

5G✕ハイパー/マルチスペクトルデータによるデータ活用の将来性

「超低遅延」「大容量高速通信」「多数同時接続」の5G

ここ数年の間にIoT向けのMVNOなどが販売され、農作物の生育状況・圃場管理、地すべりのセンサとして使われたりと、データ通信がしやすい環境、そして、そのデータを送受信し合うオープンソースなプラットフォームなどが出現しています。
そして、今年から新しい通信網として5G(第5世代移動通信システム)のサービスが開始されました。

5Gは、「超低遅延」「大容量高速通信」「多数同時接続」が特徴です。テレビのライブ配信や遠隔ロボット操作、遠隔医療など特に「超低遅延」が期待されています。

5Gの詳しい概要に関しては、総務省のページを御覧ください。こちら

ハイパー/マルチスペクトルデータの転送に

さて、ハイパースペクトルカメラやマルチスペクトルカメラにおいても5Gの「大容量高速通信」はとても魅力のあるものです。
なぜなら、ハイパー/マルチスペクトルスペクトルデータは、容量が多いためです。

バンド数や撮影画素サイズでも異なりますが、数十メガバイトから数ギガバイトになります。(ZIP圧縮を行ってもやはりデータ量が多いです。)

数年前、遠隔地からスペクトルデータをDropboxやGoogleドライブのようクラウドサーバーにアップしようと試みましたが、WiFiがうまく受信できずに、うまくいきませんでいした。

そのため、解析結果だけをアップロードして、元データは現地に赴いてコピーするなど試行錯誤の繰り返しです。

光回線のような有線がそばにあり、WiFi環境がよければ光回線にデータをのせることができとても理想的なのですが、なかなか試験環境によっては難しいところです。

5G網が全国に広がってくれれば、ハイパースペクトルデータを転送することが可能になります。

例えば、専用解析サーバーに送ることで、機械学習のような高度な解析を行うことも可能になります。そして、サーバーで解析した結果を手元の端末に知らせることもできます。

懸念点は、4G同様に通信制限がどうなるかが・・・・。現状、大手3社の5Gは実質一定のデータ容量を超えると通信制限がかかるようになっています。

この点がとても悩ましいところです。または、Space-X社によるSpacelinkのようなサービスが普及すれば、携帯電話網がない地域でもハイパースペクトルデータを得ることができそうです。

(Visited 21 times, 1 visits today)

関連記事

 NewsLetter 

スペクトルデータ解析事例や最新論文情報が届く、特別なメールマガジンに登録しませんか?

メールアドレス入力で登録完了↓